読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるまるこふこふ

数々の次元が崩壊し、全ての生命が塵と化すのを見てきた。私ほどの闇の心の持ち主でも、そこには何の喜びも無かった。

Mac で xv6 を gdb でデバッグする

前回Mac 上で xv6 を動かしたので、今回は gdb 使ってデバッグしてみます。

gdb のインストール

brew install --with-all-targets gdb

i386 形式のシンボルとか読むために、全ターゲットの gdb をインストールします。

qemu で実行

cd xv6
make qemu-nox-gdb 

gdb モードで実行

gdb でアタッチ

cd xv6
gdb

.gdbinit があるので、xv6 ディレクトリで gdb 起動するだけで 良しなにアタッチしてくれます

TUI モード

TUI (Text UI)モードにするには Ctrl+x + Ctrl+a。
TUI モードにすると、コマンド追いながらソースコードを終えてめちゃ便利。

関数にブレークポイント

(gdb) break main

break で関数名にブレークポイントを打ちます。

(gdb) break 24

行数指定で、指定行にブレークポイントをウチます。

continue

(gdb) cont

停止しているプログラムを続行する。

next

(gdb) next

停止しているプログラムの次の1行を実行する。 関数の中まではステップしていかない。

step

(gdb) step

停止しているプログラムの次の1行を実行する。 関数の中までステップしていく

ブレークポイントの削除

(gdb) delete

ブレークポイントを全て削除

変数の中身の表示

(gdb) print 変数

関数の終端まで実行

(gdb) finish

ループを抜ける

(gdb) until

引数の変更があった時に止まる

(gdb) watch 変数

関数の呼び出し元をトレース

(gdb) backtrace

変数の型を知りたい

(gdb) whatis 変数

構造体の定義を参照する

ptype struct 構造体

変数が構造体だった場合、その構造体の定義まで表示される

ptype 変数

ソースコードを表示

(gdb) la src

la は layout の略

アセンブラ表示

(gdb) la asm

レジスタ表示

(gdb) la regs

その他

十字キー上下左右で、ソースコードアセンブラ表示を移動できる

Ctrl+P, Ctrl+N でコマンド履歴を追うことができる

画面が乱れたら Ctrl+L で直す