読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるまるこふこふ

数々の次元が崩壊し、全ての生命が塵と化すのを見てきた。私ほどの闇の心の持ち主でも、そこには何の喜びも無かった。

ゲームエンジン AIMS を触ってみる 2

Mac への lua コンパイラのインストール

homebrew でインストールできるので、これだけ。

brew install lua

わたしは vim での構文チェックに syntastic を使用してますが、 lua コンパイラを入れると、luaスクリプトを開いた時/保存したときに 自動で構文チェックしてくれるようになったので、 特に追加でプラグインを入れなくても、これで満足です。

Mac 上で Windows を動かす。

Mac 上で AIMS製ゲームの動作確認をできるようにします。 VirtualBox 上に windows 10 を入れて、その上でゲームを動かすようにします。

VirtualBox は、複数の仮想マシンを作成し動作させることができる無償のアプリケーションソフトウェアです。 このアプリケーションを使って、Windows 10を、Mac のゲストOSとしてインストールします。

Win10 の ISO ファイルは MS の公式Webサイトからダウンロードできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

windows 上で AIMS を動かす

AIMS サンプルプログラム「Suica32」を Win10 on Mac で動かしてみます。

http://aims.dna-softwares.com/?page_id=14

とはいえ、特に必要な設定もなく、公式から「Suica32」をダウンロードしてきて、 AIMSのZIPファイル中にある”bin\AIMS_dev.exe”もしくは”bin\AIMSd.exe” を suica32\AIMSd.exe としてコピーしたのち、AIMSd.exeを起動するだけです。

サンプルプロジェクトを作る

AIMS ディレクトリの中に 「proto」というディレクリがありますが、 これを利用すると、簡単にサンプルプロジェクトが用意できます。

Mac <-> Win10 でのプログラムファイルのやり取りは githubを 介して行おうと思います。 proto ディレクトリを git 管理します。

win10 に git をインストール

こっからDLしてきてインストールするだけです。 https://git-for-windows.github.io/

プロジェクト内に以下のバッチファイルを置いておきましょう。

gitpull.bat

git pull --rebase

これで Win10 上で動作確認する際、コマンドラインを開いて わざわざ git pull しなくても、バッチをダブルクリックするだけで 最新の変更を落としてこれます。