読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるまるこふこふ

数々の次元が崩壊し、全ての生命が塵と化すのを見てきた。私ほどの闇の心の持ち主でも、そこには何の喜びも無かった。

plenv + cpanm の環境を整えようとしたらハマったお話

ナウでヤングな Perler はもう既に

perl -MCPAN -e 'shell'

なんてコマンドでCPANモジュールをインストールしないと聞いたので、
急いでplenv + cpanm 環境を整えようと思った。

plenv が自動でinitしてくれない

plenv と cpanm のインストール方法はQiitaのこれ見た。

plenv は無事導入できたけど、端末立ち上げる時に plenv init してくれなくて、
which perl するとシステムperl のパスが表示される。

原因は、Ubuntu12.04 はGUI端末のbashでは ~/.bash_profile を読み込まないせいだった。
~/.profile に$PATH の設定とか、plenv init 書いたらOKだった。

cpanm がうまくインストールできない

plenv install-cpanm


するとModule::Build がインストールできたけど、
見つからないよ!って怒られる。

原因は $PERL_MM_OPT 及び $PERL_MB_OPT がシステムperl のパスが設定
されてて、Module::Build がシステムperl のパスにインストールされちゃってたせいだった。

.bashrc から上記の環境変数の設定を削除したら正常にinstall-cpanmできた。